Mac

断捨離 MacでWindowsを動かして、自作PCを断捨離候補に

MacでWindows10を動かそう!

windows10
どうしてもWindowsしかないソフトのせいでwindowsのPCを断捨離出来ないでいますが
MacでWindowsが動けば、WindowsのPCは必要無くなりそうじゃないか!

MacでWindowsを動かす方法

MacでWindowsを動かすには、大きく分けて2つの方法があります。
その2つがBootcampと仮想化ソフトを使用する方法です。

Bootcamp

Macに最初から入ってる、Appleが用意してくれてる、
Macに他のOSをインストールするためのソフトです。
現在のバージョンは3.2(2010年11月19日)になります。
Bootcampはパーテーションを設定して、Windowsをインストールします。
MacOSを使用していてWindowsに切り替えたい時は再起動が必要になります。

仮想化ソフト

仮想化ソフトとはMac内のアプリケーションとして動き、
その中でWindowsやLinuxなどMac以外のOSを動かしてしまおうというものです。
代表的なソフトとして、有料のParallels Desktop、
無料のVMware、VirtualBoxがあります。

Parallels Desktop

http://www.parallels.com/jp/products/desktop/
parallels_desktop11

今回、購入して使用してみたのがこのParallels Desktop 11です。
なぜこれにしたかというと、検索していたら最初に見つけたからです。
バージョンも11ということで歴史も有るみたいだし、これにしよっと
いう感じです。

VMware Fusion

http://www.vmware.com/jp/products/fusion/features.html
fusion8_boxes

VMwareのFusionもParallels Desktopと同じようなことができるソフトです。
使用していないのであまり詳しくないですが・・・。

VirtualBox

https://www.virtualbox.org/
virtualbox_logo

こちらは無料で使用できるVirtualBox(バーチャルボックス)です。
個人の利用、評価目的の利用、教育のための利用は無料という事になってます。
無料の製品なのでサポートはありません。有る程度の知識があって問題を自己解決
出来る人が自己責任で使用してください。

Parallels Deskttopを購入してみた!

parallels_win10
Parallels DesktopとWindows10 USBを購入しました。
そして、これから購入を考えているあなた・・・注意です!
Parallels Desktopは簡単にインストール出来ます。
しか~し、Windows10のインストールでコケました・・・。
新規仮想マシン作成でDVD/イメージファイルからWindows/その他 OSをインストールを
選択を選んでWindows10のUSBメモリーを挿して、次のこの画面でOSが検出されるはずなのに検出されません・・・。
parallels_install01
それならisoファイルを用意するしかねー!
というわけでMicrosoftのページからダウンロードしました。
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
win10download
サイズが4GB程あるので3時間くらいかかったかな。
これで無事にWindows10が検出されます。
けど・・・USB版で買った意味無くない?
そしてWindows プロダクトキーを入力して無事にインストールが終わり
MacでWindowsが動いてる~♪
parallels_runいちいち再起動しなくて良いので楽ちんです。
オススメです!
これで6年前に自作したPCが断捨離候補になりました。
MacよりWindows10走らせたら遅いんだよね~・・・orz

 

良かったら応援クリックお願いします!



人気ブログランキングへ

更新情報をお知らせしています

Twitterで更新情報をお知らせしています!良かったらフォローお願いします!


follow us in feedly